サービスについて

その他オフィス機器販売

働き方改革 テレワークVPNを導入する

  • 2021/01/28
  • その他オフィス機器販売

強制的にテレワーク導入

新型コロナウィルス感染防止で一気に注目を浴びたテレワーク。働き方改革で以前から政府がテレワーク導入を言い続けてきましたが、新型コロナウィルス感染防止の一つの手段として半ば強制的に導入に踏み切った企業も多いのではないでしょうか。そして、導入してみたら意外とスムースに仕事ができることがわかり、テレワーク導入が進みました。
一旦は解除された緊急事態制限も再度発出されることとなり、はじめの緊急事態制限の解除後テレワークを止めていた企業も、再度テレワークでの勤務を強いられることになりそうです。こうなると、一部の業種や職種によりテレワーク出来ない状況を除き、もはやテレワークを導入しないという選択肢はありえないと思います。

テレワークにかかせないVPNの導入

テレワークを行うにあたり、まずは会社と自宅を接続しなければ、仕事に必要なファイルなども確認することができません。一番初めに行うことは、会社のPCと自宅のPCを接続して、会社のPCを使えるようにすることです。
この際に使う仕組みをVPN(Virtual Private Network)といいますが、仮想的な通信網のことになります。
VPNにはいくつかの種類があるのですが、大きく分けるとハード的なものとソフト的なものになります。
ハード的なものは、基本的にルーターと呼ばれているインターネットに接続するための機器を、入れ替える必要があります。
ソフト的なものは、ソフトウェアをインストールすることにより実現するので、基本的にハードウェアの入れ替えなどはありません。
それぞれ、会社のネットワークの状況に応じて、どちらの仕組みを採用するかを決めればよいと思います。

VPNを構築するためのルーター

サクサZC1000はクラウド管理型VPNルーター

サクサ株式会社様が販売するZC1000というVPNルーターは、ハード的な仕組みとクラウドを利用したしくみによりVPN接続を実現する商品です。
こちらを導入すると、社外から社内の共有フォルダや共有ファイルなどの社内リソースにアクセスできるようになります。また、社内にある自席のWindows PCのリモートデスクトップ機能を使うことにより、社外から自席のPCを直接操作できます。
社内に設置してある既設のインターネット接続用のルーターを撤去して、こちらのサクサZC1000に変える形になります。
注意点として、NTTフレッツ光シリーズなどでは問題なく接続・設置できますが、au光のような独自のインターネット接続用のルーターが設置してある環境ですと導入ができません。
ハード的なルーターを交換したら、各PCにVPN接続するためのソフトウェアをインストールします。
それから実際に接続する際の注意として、ネットワーク体系が自宅と会社が同じだと接続ができませんので、異なるものにする必要があります。

主な特長

・最大スループット1Gbps、VPNスループット800Mbps
・最高セキュリティレベルの暗号化方式(AES256Bit)を採用
サクサZC1000 リモートVPNルータの詳細はこちら

ソフトウェア的なしくみのSoliton Secure Desktop

既設のルーターを交換することができない場合に有効なのが、株式会社ソリトンシステムズ様のSoliton Secure Desktopというソフトウェア的にVPNを実現する製品の導入です。
こちらは、ソフトウェアをインストールすることにより会社の自分のPCを操作することができます。会社のネットワークの変更をする必要がないので、ハードウェアで実現する方法よりも手軽に導入することができます。
注意点としては、会社の自分のPCの操作を直接行うため、常に電源を入れておく必要があります。
こちらのシステムは、10ユーザー単位での導入となります。

主な特長

独自方式の画面転送により、接続先のPC画面だけを表示し、遠隔操作します。転送される画面は圧縮および暗号化されています。
Soliton Secure Desktop セキュアで快適なVPN接続を実現の詳細はこちら